ついに判明!!究極に安心なロシアンルーレット〜ペイン・ゲーム〜The Pain Game by Jon Allen

¥ 67,500

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

危険と安全。
この矛盾の解決策を、あなたはもう知っていますか?

<演技例>
https://youtu.be/nf4_PtQLxAs

数ある手順、商品の中から
KOUが厳選した本物の傑作を紹介!


テレビで誰もが一度は見たことのある
「釘(クギ)と紙袋を使ったロシアン・ルーレット」
世界のトリックから選び抜かれた、現状最も優れたネイルゲームをあなたへ!


⬛安全を求めてるあなたへおすすめ⬛
電子デバイスやその他、検知型では不安なあなた。不確定要素を嫌うあなたに最適です。


⬛どれがいいか悩んでるあなた⬛
業界には様々なデバイスがあふれています。どれもある程度価格が高価なため、どれがいいのか、本当に使えるのはどれなのか。悩んでいることでしょう。そんなあなたにおすすめします。電子デバイスのような突然な故障電池ぎれなどのトラブルはなく、末長くつかえます。


⬛全てをコントロールしたいあなたにおすすめ⬛
電子デバイスや磁石検知は一種の不安と、自分が「やっている感」が少ない事がデメリットのひとつとしてあげられます。
その点このペインゲームはその不安もなく、ある程度の「達成感もえられる」ギミックです。そんな欲張りなあなたに是非おすすめできる逸品です。


⬛刺激を求めているあなたにもおすすめ⬛
マジシャン、メンタリスト、大道芸人に関わらず、構成演目はより安全なものになってしまう傾向があります。
そんなマンネリ感に悩んでいるあなたにおすすめします。
観客が危険を感じる「ドキドキ感・ハラハラ感」はあなたの演目に緩急をつけてくれることでしょう。


⬛トリネタやサロンネタにお困りのあなた⬛
ペインゲームはクローズアップでもできますが、基本はサロン向きの演目になります。
ですので、ちょっとした出し物や5分ほどのサロン、クローズアップなどのトリネタに最適です。
見てる人が感じるスリルは、必ず観客の記憶に残る演目になります。



⬛プロや玄人のあなたにもおすすめ⬛
わたしのギミック選びの前提は、3つあります。
1.ある程度自由がきき幅を持たせられること。
2.どんな状況下でもできること。
3.永く使えるということ。
この3点です。

ペインゲームは、これらをクリアしていることと、ギミックの出来がいいため、どのような場所や状況下でも演じられるでしょう。

ギミックの特性を理解すれば、自分なりの手順を構成することもできるため、プロのあなたにもきっと貢献してくれることでしょう。


〜現象〜

1.テーブルにある4個の紙袋を観客に示します。

2.袋をひとつ開け、中から木製の台を取り出して見せます。

3.残りの紙袋3個にも、この台が入っていることを客に告げます。
※他の紙袋の中身を開けて示すこともできますが、ダラダラとしてしまうため、そのまま進めるのがいいと思います。

4.演者は大きな釘(15cm長)を取り出し、改めてもらいはじめに袋から出した台(2)に刺し込み、袋に入れます。
※1つの紙袋の中には、釘が台に刺さって入っています。残り3個の袋は台のみの状況です。


5.演者が袋を適当に混ぜ、観客にも適当に並びを入れ替えてもらいます。
※観客&演者ともに、どの袋に釘が入っているかが分からない状況ですが、演者だけわかっていて、客の指定する袋をどんどん潰していくという手順でも面白いでしょう。


6. 観客に袋を選んでもらい演者は順にその袋を叩き潰してしまいます。

7.最後に2つの袋が残り、左右どちらの袋を叩き潰すか観客に選んでもらいます。

8.演者は、いっぱく間をおき、一気にたたきつぶします。

9.最後に、残った袋から釘をだし、間違いなく釘が入ってることを見せておわります。

※最後に釘を改めた時に、袋や果物を突き刺してみせるとより効果的でしょう。

「補足」
手順によっては、演者ではなく観客に選んだ袋を潰してもらってもOKです。
しっかり手順通りやればギミックの使用上、痛ましい失敗はあり得ません。

釘を袋にいれたあとは、好きにどの袋を潰したとしても問題ありません。

極論でいいますと、潰そうと思えば全部つぶせます笑

サロン、クロースアップ、ステージ、宴会、ストリートなど様々な状況下での演技に使用可能。
そんなあなたに最適なギミックです。



~商品内容~
1.ギミック   x1式
 (釘は約15cmの鉄製)
2.木製の台      x4
3.DVD        x1
※実演・解説:英語。映像で理解できますが、不明な点はメールでのお問い合わせに対応します。
4.実演用紙袋     x数十枚
※袋は専用ではなく、釘が入る高さがあれば問題ありません。
5.一式収納用ケース  x1


~ここまで読んでくれたあなたへ~

こんにちは、メンタリスト KOU です。
ここまで読んでいただきありがとうございます。
また、当ショップへのアクセス心よりお礼申し上げます。

突然ではありますが、あなたに質問です。

「観客を驚かせる」ではなく、
「観客をわかせる」ためのパフォーマンスや演目の作り方を知っていますでしょうか?


マジシャン、メンタリスト、催眠術師、大道芸人。
ただ驚かせるだけなら実は凄く簡単ですよね。
ですが、観客を沸かせるとなるとどうでしょうか。

個人的な見解ですが、上記の職業の中で、最も人を沸かせられるのは大道芸人でしょう。
特にジャグリングや、炎を使った物のたぐいは鉄板といってもいいかもしれません。


その理由は、「失敗をする可能性」が見えているからです。

これこそが、答えです。

そして、その失敗の代償も想像できること。
これが観客の「一体感を高め」客を沸かせるための最大のエフェクトになります。


海外をみても、うまい大道芸人は、
わざと失敗のフリをします。
それが効果的であることがわかっているからです。


しかし、ことマジシャンやメンタリストにおいて、この手はあまり効果を発揮しません。

それはなぜか?

失敗のリスクが軽すぎるため、失敗するかもしれないというハラハラ感がたりないことが原因です。


そもそも、マジシャンというと
それだけで失敗はないと思われています。
また、カードが当てられなかったときのリスクなど演者が恥をかくだけで客としてはどーでもいいことなのです。


ですから、私の場合は危険性の高いものや、
ワザと失敗の可能性のあるものに大金をかけてみたり、タイムリミットをもうけて時間をはかってもらいながら、本気でやればギリギリ間に合うといった演目を織り混ぜるようにしています。


すると、客の反応は劇的に変わります。
この反応こそが、まさに相手の感情を動かした瞬間なのです。

さて、私の言いたいことはあなたに届いていますでしょうか?

そうです。

手軽に、安全に、わかりやすくハラハラ感をあたえる。
それこそがロシアンルーレットの醍醐味であり特性でもあります。

私はいままで、100近くのデバイスや手順を見てきました。
そしていくつもの手順を作ってきました。

もっと楽にできるものもあるでしょう。
手軽なものもあるでしょう。
もっと派手なものもあります。

しかし、そのどれと比べても
このペインゲームは実践向きであり、素晴らしい道具である自信があります。

長くなりましたが、この素晴らしいツールを是非あなたも手にとってみてください。


by KOU ,,,